医療脱毛と美容脱毛の違い って何?

脱毛

こんにちは!今回の記事では、

医療脱毛とエステ脱毛の違いについて紹介します!

----------------------

医療脱毛とは

医療脱毛は、毛根付近の発毛組織を破壊し、その毛穴からの再発毛を防ぐ施術
具体的な方法として、レーザー脱毛や、ニードルといわれる針を使った針脱毛があります。
ここでポイントなのが、細胞の破壊は医療行為に当たるということ。

そのため、常時医師が在籍しているクリニックがほとんどで、医師や看護師などの医療資格者にのみ許可されている施術です。

メリットは、発毛組織が破壊された毛穴から毛が再生する可能性は低いと言われているため、サロンと比較して少ない回数、短い期間で脱毛を終えられること。

デメリットとしては、組織を破壊するため強い痛みを伴うことがありますが、クリニックによっては表面麻酔を使用してくれるところもあります。

サロン(エステ)脱毛とは

サロン脱毛は、エステサロンや脱毛サロンにて行う光脱毛施術を指します。

看護師や医師は駐在していないため、施術を行うのはエステティシャンになります。

光脱毛とは、メラニン色素に反応する光を照射し、抑毛・減毛につなげるための施術です。
医療機関で行う施術ではないので、光線の照射によって発毛組織を破壊することはできません。減耗効果はありますが、完全に生えなくすることは不可能です。

しかしその反面、医療レーザー脱毛ほど照射出力を上げられないため、痛みを感じにくいというメリットがあります。実際、私も痛みは全く感じませんでした!デリケートゾーンなど毛の濃い部分は少し痛みを伴う時もありますが、我慢できる程度です。麻酔を使う方はほぼいらっしゃらないと思います。

私が新卒で即契約したのはこのサロン脱毛です。

------------------------

今回は、脱毛の種類について紹介しました。

他にもワックス脱毛などありますが、ワックス脱毛は一時的に表面の毛を抜くだけなので、おすすめしません。また、強い痛みを伴うので、肌の弱い方はかぶれてしまうことも…。

医療脱毛・サロン脱毛と並行して行ってしまうと、反応させる毛が無くなってしまうことにより正しい脱毛の効果が得られなくなるため併用も絶対NGです!

また次回以降のブログで、脱毛後のスキンケアなど紹介していこうと思います。(*´ω`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました